値段が異なる

歯科用医療機器

審美歯科とは、虫歯や歯周病といた歯の機能的な面を治療することではなく、歯のホワイトニングや矯正歯科、インプラントなど見た目の美しさにこだわった治療法をする歯科のことです。 金額としては、審美歯科は治療目的ではありませんので健康保険がきかないので高額になるケースが多いです。ホワイトニングは、マウスピースを作って薬剤を塗ることになりますが、自宅でケアをするなどして費用を削減することも出できます。インプラント治療においてはセラミックなど使う素材によって値段が違います。一本当たり5万円から10万円という値段が多いですが、素材により違いがあります。プラスチックとセラミックを混ぜて安価に抑えるという方法もあります。

歯を美しくするお歯黒など、歯を顔の一部として見た目を気にすることは昔からありました。しかし審美歯科という概念は、古いものではなく1990年代にアメリカのロサンゼルスの歯科医が始めたとされています。 日本では、審美歯科はまだ標榜科としては認められていませんが、特殊専門外来として存在する病院もありますし、審美歯科に特化した歯医者もあります。 歯のホワイトニングや矯正歯科というのは、女性を中心に顔の見た目を気にする人がおおくなるため、今後も伸びていくものであると考えられます。見た目をきれいにするだけでなく、歯をきれいにすることでコンプレックスがなくなり、性格まで明るくなるという効果もあるといわれています。