医師を目指す

治療を受ける男性

 医師としての職業の中には、歯医者がありますが、現在その数が非常に増えており、歯科医院の数としても年々増える傾向にあります。  歯医者になるためには、一般的には、歯科専門の大学や、大学における歯学部などで勉強する必要があります。専門的な知識や技術などを学んだ後に、国家試験に合格する事が第一条件となります。その上で、1年以上の現場研修を実施してから、歯医者として認められる事になります。  歯科医院を開業する他にも、そのまま大学に残って勤務医になったり、研究の分野に進むなどの道もありますが、国家資格を取得して、研修を実施すれば、歯医者として認可される事に変わりはありません。歯科医院を開業する場合には、それなりに資金も掛かりますので、何年かはどこかの歯科医院で修業を積むなどのケースも多く見受けられます。

 歯医者になる人の傾向として、最終的には自分で歯科医院を開業する事を目標にしている人は多く見られます。歯科医院を開業した場合のメリットとしては、安定した仕事になっていく分には、一般のサラリーマンなどよりも収入が高い事が挙げられます。歯医者になる事においては、それまでにかなりの学費なども必要になります。特に私立の場合には、その傾向が顕著にあります。中には、開業資金などを親に出してもらうケースや、親の歯科医院を引継ぐなどのケースも見られます。その場合には、設備投資に関する費用を抑える事ができるため、勤務当初から高収入を得る場合などもあります。  それ以外にも、歯医者の場合には、医師としての社会的地位も高いため、ローンなどを組み易いといったメリットなどもあります。