必要性について考える

患者と話をする医師

歯科矯正は、まだまだ日本ではするかしないかは、本人やその家族に委ねられているところがありますが、海外では歯科矯正は当たり前になっている国もあります。 特にアメリカでは、歯科矯正をさせることは親の義務だと言われています。歯並びが悪いということは自己管理ができない人と位置づけられ、肥満と同じような扱いを受けるのです。 確かにアメリカでは、子どもが歯に矯正器具をつけているのを見かけることが多いのは、そのことが理由だからでしょう。 これから日本でも少しずつ歯科矯正をしていく人は増えていくでしょうが、保険外適用で費用もかさむため、なかなか100%に近い治療率にしていくには難しい面もあります。それが今後の課題でもありそうです。

歯並びが悪いことは、実は見た目だけの問題ではないのです。歯並びが悪いと、かみ合わせが悪くなる場合があります。そうすると食べ物をよく噛むことができません。かみ砕いたりすり潰したりといったことも、難しくなります。するとあごに異常が生じたり、頭痛の原因になったりとさまざまな問題を引き起こすことにもつながるのです。ですから健康の面でも、歯科矯正は必要なのです。 最近は、歯科矯正も目立たないタイプの矯正器具があります。今まで目立つ矯正器具が嫌で治療をすることをためらっていた人には、とてもよい治療法です。歯の表面でなく、歯の裏側に取り付けることも可能ですから、一度矯正歯科医院で相談してみるのもよいでしょう。