歯の異常

ドリルに手を伸ばす医師

最後に歯科医院に行ったのはいつか憶えていますか。「歯科医院に行くのは、歯や歯ぐきに異常があった時。」と答える人も意外と多いのではないでしょうか。 しかし、むし歯ができてしまったり、歯周病に侵されてしまったりしてから歯科医院に行くのは手遅れの状態です。痛みが出ていればなおのこと良くありません。 「いつも歯磨きはちゃんとしているんだけれど。」とか「毎食後、欠かさず歯磨きはしています。」といった人でもむし歯や歯周病になる人もいます。 では、こういった歯のトラブルを未然に防ぐ方法はないのでしょうか。 実は、歯の健康を維持するのに最も有効な手段の一つとして、歯科定期健診を受けることがあげられます。これだけでだいぶ違うのです。

私たちは、普段健康診断は当たり前のように受けています。これは、未然に病気を防いだり病気を早期発見したりするためのものです。 歯科医院で定期健診を受けることも同じことなのです。定期健診を受けることで、歯の異常を見つけることができ、むし歯や歯周病の予防にもつながるのです。 本来、定期健診は3カ月に一度受けることが望ましいのですが、仕事や学校など忙しい人にとっては難しいのが現状です。ですから、半年もしくは一年に一度は健診を受けるようにしましょう。 歯石除去や歯のクリーニングのほかに、歯ぐきのチェックなどを行い自分の歯や歯ぐきの健康に対しても、意識が高まることは間違いないでしょう。口腔内のトラブルなしの生活をおくれるはずです。